「仕事に行きたくない」は脱サラ転職のチャンス!ストレスなく自由に生きる方法とは?

転職
  • 生活するために仕事に行かなければと思っているんだけど……
  • なぜこんなにも仕事に行きたくないのかが分からない
  • 本気で行動するから、ストレスなく自由に生きる方法を教えて!

これまで一生懸命働いてきたが「なぜこんなにも仕事に行きたくないのだろう?」と40代付近になって悩み始めてしまうケースは非常に多くあります。

僕は残りの人生をより充実させたいという思いから、14年間勤めた会社をやめて36歳のときにフリーランスになりました。しかし脱サラするまでは、住宅ローンの返済が終わるまでやめられないと、ブラック企業で消耗してきました。

そこでこの記事では、仕事に追われて疲弊している方でもストレスなく生きられるよう、仕事に行きたくないときの対処法から自由に生きる方法までまとめて解説します。

この記事を読めば「仕事に行きたくないときの原因と対策」が全て分かります。

僕が14年間のサラリーマン人生で培ったノウハウや経験を凝縮しました。人生を変えたい人は最後まで読んでください。

なんのスキルもない状態から脱サラする方法が知りたい、という方にはこちらの記事がおすすめです。

> スキルなしで脱サラしたWebライターロードマップ【未経験→月10万円】

会社に行きたくない10個の原因

30歳 脱サラ

本題に入る前に、1つだけ確認しておきたいことがあります。「今日は仕事をしたくない」と言うのと、「もう全く仕事をしたくない」というのでは、大きな違いがあります。

あなたは、生活するために働かなければなりません。あなたが裕福で、働かなくても十分な収入を得られない限り、何らかの形で働く必要があります。

人はみな、生きるために働かなければならないものなのです。そして多くの人は、「仕方なく働かなければならない」、「お金のために働かなければならない」と考えています。しかし、人々は、働くという行為をもっと自由にコントロールできることに気づいていません。

まず、多くの人が「仕事に行きたくない」と考える理由と、その解決方法を解説しましょう。「仕事に行きたくない」と言うだけでは、問題は解決しないのです。

仕事に対してワクワクしなくなった

毎日がパーティーのように楽しいというわけにはいきません。しかし、もしあなたが仕事に対して情熱を持てないのであれば、何かが間違っているのです。

人は、自分のスキルや才能を発揮するため、人を助けるため、多くの人ができないことを成し遂げるためなど、さまざまな理由で仕事をしています。あなたがその職場への就職が決まったとき、とても喜んだはずです。

もし仕事に対する情熱がなくなっているのなら、目的意識もなくなります。仕事をすればするほど、燃え尽きてしまうでしょう。

以前ほど仕事ができない

あなたは最近、普段は絶対にしないような小さなミスをするようになったかもしれません。仕事への集中力が低下して、効率が悪くなっているかもしれません。

もし自分の仕事がうまくいっていないと感じているのなら、起業のチャンスが来ていると考えるべきでしょう。普段は絶対にしないような小さなミスは、仕事に集中できなくなっている証拠です。効率が悪くなり、以前のようなパフォーマンスを出せなくなっているのです。

最近のITはめざましく進歩しています。パソコンやオフィスソフトを使いこなせるのは当然です。さらに人工知能やIoT、ブロックチェーンなどの最新テクノロジーが、どんどん職場に入ってきています。海外とのやりとりも増え、英語でのコミュニケーションも必須とされる時代です。

もしあなたの仕事がうまくいっていないと感じているなら、これらの最新スキルに取り残されているのかもしれません。

集中するのが難しい

仕事に集中するには、大きなエネルギーを必要とします。何かに没頭するには、全神経を集中させる必要があるからです。

もしあなたが仕事に情熱を注いでいるなら、仕事に集中するのは簡単なはずです。しかし、仕事に集中できないなら、あなたは自分の仕事に何らかの問題を抱えている証拠です。

給料が安いからかもしれませんし、職場の人間関係が原因かもしれません。あるいは寝不足なのかもしれませんし、家庭に問題を抱えているかもしれません。

とにかく、あなたが仕事に集中できないなら、何かの問題を抱えていると判断しましょう。そしてその原因を特定し、取り除くようにします。

毎週日曜の夜は憂鬱だ

仕事に行きたくない人にとって、日曜日の夜は憂鬱な時間です。

土日の休みで、もっと楽しいことをしておけばよかったと後悔するのは、誰にでもよくあることです。しかし、毎週日曜日の夜に憂鬱になるなら、あなたの仕事に問題があると考えましょう。

心から仕事を楽しんでいるなら、日曜の夜は興奮し、ワクワクしているはずです。しかし不安になるなら、それは仕事に問題があるのです。

仕事について愚痴をこぼす

仕事の愚痴をこぼすことは、誰にでもよくあることです。愚痴をこぼすことでストレスを発散し、仕事に集中できる効果もあるでしょう。

独り言の愚痴であれば誰にも迷惑をかけないので、問題ありません。また、信頼できる同僚や友人同士で愚痴をこぼすのも、仕事の問題を改善するために必要な場合もあります。しかし、もしあなたが頻繁に仕事に対して愚痴をこぼしているなら、注意が必要です。

あなたの周りにも、仕事の愚痴をこぼしている人がいるはずです。それを聞いて、あなたの気分はどうですか?その人の仕事のパフォーマンスは、あまりよくないはずです。あなたが仕事に対して頻繁に愚痴をこぼしているなら、あなたもそのよくない仲間に入っているのです。

仕事に対して多くの愚痴をこぼしているなら、仕事の見直しと、起業のタイミングがきているのだと判断しましょう。

給与が少ない

お金がすべてではありませんが、お金がなければ電気代を支払えません。

それ以上に、あなたの仕事のスキルが上がっているのに給与が変わらなければ、あなたのやる気も出ないでしょう。会社であなたが正当に評価されていなければ、仕事をしようという気も起こりません。

最近の円安で生活費が向上すれば、給与の少なさが身にしみます。定期的な昇級がなければ、実質的な収入は数年前より減少しているのです。

ほとんどの人にとって、仕事は収入を得るためにするものです。給与が少なすぎれば、「仕事に行きたくない」と考えるのは当然です。

悪い習慣が直らない

最近あなたは、体にいいことをしましたか?

運動不足や睡眠不足は、仕事のパフォーマンスを大幅に低下させます。また砂糖の多い食事も体力を奪うため、仕事のマイナスになります。あなたが仕事に行きたくないのは、仕事が嫌いなのではなく、あなたの悪い習慣が原因かもしれません。

日本人の多くは、睡眠不足だという統計がたくさん発表されています。睡眠不足は、簡単な足し算・引き算ができなくなるくらい、あなたのパフォーマンスを低下させます。ところが多くの日本人は、睡眠不足を解消するのではなく、カフェインたっぷりのコーヒーでやる気を出そうとしているのです。

またコンビニ弁当やスナック菓子には、あなたの体力と気力を奪う成分が入っています。これらを食べる「悪い習慣」は、あなたの仕事のパフォーマンスを大幅に低下させます。

「仕事に行きたくない」と感じるなら、一度あなたの悪い習慣を見直してみましょう。

新たな体調不良が多発する

以前にはなかった、奇妙な体調不良を感じていませんか? 頭がぼやけている、謎の痛みがある、寝付きが悪い、食欲がない、などです。

これらのすべては、体と心が疲れているサインです。もちろん、仕事がすべての原因ではないかもしれません。しかし、もしこのような体調不良を抱えているなら、仕事に問題があるか確認してみましょう。

最近の日本では、うつ病によって休職する人が急増しているそうです。このような体調不良や症状があるなら、できるだけ早く医師の診断を受けましょう。

趣味に没頭する時間やエネルギーがない

平日仕事に集中していれば、週末は趣味に没頭したいものです。旅行や家族団らんなどは、だれもが週末の楽しみとしています。

しかし、もし週末に楽しむ時間が持てないほど忙しければ、仕事環境を見直すべきです。家族や友人と過ごす時間がないほど仕事をすれば、一時的に成果は出ても、結果的にパフォーマンスは低下します。

仕事で長期的に高いパフォーマンスを上げるには、適度な休息が必要です。あなたが「仕事に行きたくない」と頻繁に考えているなら、それは十分な休養をとれていないことが原因かもしれません。

休日も常に仕事に追われているような気がする

仕事と家庭のバランスは重要です。たとえば上司が家に電話をかけてきたり、深夜の3時にメールを送ってきたりしたら、あなたは大きなストレスを感じるでしょう。

あなたが仕事に情熱を燃やし、やりがいを感じていても、仕事が家庭に入り込んできたら、仕事に行きたくなくなるかもしれません。

いつも強制的に仕事をさせられたり、休日の楽しむべき時間に仕事に追われたりしているなら、脱サラを考えるタイミングかもしれません。

仕事に行きたくないときの対処法

30歳 脱サラ

仕事に行きたくない、もう今の仕事を続けられないとなったら、どうすればいいのでしょうか?

今の職場でもう少し我慢すれば仕事にやりがいが出て、給与も上がるかもしれません。だれだって、自分のキャリアに必要な仕事をやめたくはないでしょう。

ではどうすればいいのか? 迷っているなら「脱サラ」という奥の手があります。

「仕事に行きたくない」は脱サラのチャンスだと考える

あなたが「仕事に行きたくない」と頻繁に考えているなら、それは脱サラするタイミングが来ていると判断しましょう。「脱サラ」と言っても、すぐに今の仕事を辞める必要はありません。まずは仕事をしながら、副業として十分な収入を得られます。

「会社が副業を禁止している」場合でも、いろいろな裏技があります。迷っているなら、副業の専門家に相談しましょう。あなたが深刻に悩んでいることも、意外と簡単に解決できるはずです。

いま副業・起業で最も人気なのは、「ブログ」や「Webライター」です。

ブログでアフィリエイトをしたり、Webライターで文章を書いたりして、収入を得られます。今後もWebやSNSは拡大し続けます。その中で、誰でも気楽に稼げるブログやWebライターが注目されているのです。

さらに、人工知能時代になっても、ブログやWebライターはなくならないと言われています。人の心を動かす文章は、さまざまな経験を積んだ人間にしか書けないと言われているからです。

ブログは使いやすいレンタルサーバーに申し込めば、7分後に始められます。Webライターは、パソコン1台あればいつでもどこにいても収入を得られます。

「仕事に行きたくない」なら、会社に行かなくてすむブログやWebライターから始めてみましょう。

> Webライターの仕事内容とは?年収や必要なスキルを解説【副業の始め方】

まとめ:フリーランスでストレスなく自由に生きる

30歳 脱サラ

最後に、ご紹介した内容をもう一度まとめます。

  • 働くことはもっと自由にコントロールできる
  • 「仕事に行きたくない」と考えているなら脱サラのチャンス
  • 会社に行かず者たらけるブログやWebライターがおすすめ

本記事を参考に、ストレスをなくして自由な働き方を実現してください!

世の中には、さまざまな働き方があります。今の仕事をしながら安全に副業する方法や、人気があるブログの始め方やWebライターについて、まずは調べて行動してみましょう。

僕でよければ相談に乗りますよ。TwitterからDMください。

Webライターの具体的な仕事内容を知りたい人は下記の記事を参考にどうぞ。

> Webライターの仕事内容とは?年収や必要なスキルを解説【副業の始め方】

【有料note】無料部分と目次だけでも参考になると思います【RT割引付き・返金可能】
転職
脱サラ30代フリーランスWebライター道